学ぶフラット35の金利

フラット35の金利を学ぼう

フラット35S(金利Bプラン)の特徴

フラット35S(金利Bプラン)の特徴 フラット35Sはフラット35を申し込んだ方のうち、耐震性、省エネルギー性等が優れていると判断された 技術基準に適合している住宅を購入する際に、フラット35の金利を一定の期間引き下げる制度のことです。
金利プランには金利Aプランと金利Bプランがあり、Aプランは当初の10年間、Bプランは当初の5年間、 金利が年0.3%引き下げられます。
対象の住宅が、例えば、耐震等級3の住宅であればAプラン、耐震等級2以上の住宅であればBプランが利用できる等、 建物の技術基準のレベルにより利用できるプランが異なります。
また、金利はどの機関で借りるか、いくら借りるか、何年で返済するか、でも異なります。
注意すべき点として、フラット35Sには予算金額があり、その金額に達する見込みとなった場合は、 受付を終了いたします。
終了した場合は専用のサイトで確認することができます。
また、新築住宅の購入建築だけではなく、中古住宅の購入にも適用いたしますが、 借り換えには利用することはできません。

フラット35S(金利Bプラン)の金利・返済額について

フラット35S(金利Bプラン)の金利・返済額について フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している長期固定金利住宅ローンです。
お金を借り入れるときに、金利や返済総額、毎月の返済額が決まるので、マイホームを取得した後のライフプランを計画しやすいです。
これについて、省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅など、一定の基準を満たす住宅を取得する場合には、フラット35の借入金利を一定期間引き下げる制度があり、これをフラット35Sといいます。
これには、引き下げる金利に応じてAプランとBプランがあります。
ここでは、Bプランの金利と返済額について説明します。
金利Bプランでは、借入金利が返済の当初5年間、年0.3%少なくなります。
例えば、借入額3,000万円で、借入期間35年の借り入れで、一般的な借入金利年1.48%で計算してみます。
通常では、金利は全期間年1.48%、毎月の返済91561円となり、返済総額は38455727円です。
これをフラット35Sの金利Bプランにすると、金利は当初5年間は年1.18%、6年目以降年1.48%で、毎月の返済は、当初5年間は87225円、6年目以降は90975円、返済総額は37984644円です。
つまり、金利Bプランにすると、通常より返済総額が471083円安くなります。

Copyright © 2017 学ぶフラット35の金利] all rights reserved.